post

ほとんどの人は、アルバイトを「一時的な働き場」として、考えていると思います。つまり、いつか辞職するという前提で働いているということです。しかし、アルバイトを辞めるときは、トラブルが発生しやすいので、注意が必要です。辞めた後もズルズルとトラブルが続いたり、そのお店を利用しづらくなってしまったりしまうと、非常に面倒です。今回は、アルバイトの上手な辞め方について考えていきたいと思います。

アルバイトは、辞めようと思ってすぐ辞められるものではありません。辞めようと思ったら、できるだけ早く行動するのが望ましいです。ギリギリの報告はお店に大変な迷惑をかけてしまうので、

なるべく辞める一ヶ月前に報告する

ようにしましょう。また、研修期間に辞めようと思っても、気が引けて、なかなか「辞めたい」と言い出せない人がいるかもしれません。しかし、一人前になってから辞めるよりは、お店に迷惑をかけないで済みます。研修期間でも早め早めの報告を心がけましょう。

辞めるときの報告は、店長などのその場の責任者に、直接伝えなければいけません。最近、メールやLINE、人づてで報告をする若者が増えているというニュースをよく耳にしますが、やはり社会のルールに従い、直接会って、少なくとも電話で報告した方がトラブルを生まずに済みます。そして、報告の際は、明確な理由を挙げながら、しっかりと「辞めたい」という意思を示しましょう。緊張すると思いますが、企業側にアルバイトを繋ぎとめておく権限はありません。誠意を持って、自分の気持ちを伝えましょう。

「バックレ」とは、アルバイトを無断欠勤することで、近年、その「バックレ」を自慢している人をよく見かけますが、絶対にやってはいけません。私がアルバイトをしていたときも、出勤予定だった一人が無断欠勤したことがあったのですが、一人いないだけで仕事が回らなくなり、お店が閉店した後も残業して作業をしなければいけませんでした。「バックレ」ても働いた分の給料は貰えますが、そうした行為は、非常に迷惑をかけます。「バックレ」て辞めた職場には、もう二度といけないでしょうし、街中で会ったときも非常に気まずいと思います。最悪の場合、損害賠償請求されることもあります。「バックレ」は絶対にやめましょう。

ここまで、アルバイトの上手な辞め方について、考えてきました。結局はお店のことを考える気持ちが大切です。お店に迷惑をかけないように行動していれば、辞めるときも気持ち良く送り出してもらえるでしょう。自分のためにも、相手のためにも、しっかりと手順を踏んだ辞め方を覚えてほしいと思います。