post

日本で一番有名なカフェと言えば、スタバこと「スターバックス」だと思います。
そんなスターバックスですが、大学生の中では人気のアルバイトですよね。
そんなスターバックスのアルバイトですが、どんな仕事をしているのでしょうか?
知人にスターバックスでアルバイトをしている人がいるので、その人の話を頼りにまとめてみたいと思います。

スターバックスでバイトする時の服装は次のようなものとなっています。
トップスは黒、または白の襟付きの服。(夏はポロシャツでもOK)
ボトムスは黒かベージュのパンツ、スカート、キュロット。
黒の靴
スカートやキュロットの場合、黒タイツの着用が義務付けられています。また、肌が透けるようなストッキングは不可とされています。
パンツは、ユニクロのチノパンを使用している人が多いそうです。
また、エプロンの色は緑色なのですが、たまに黒のエプロンを着用している人がいます。
それについては、次の項目で説明します。

黒のエプロンを着用しているスタッフは「ブラックエプロンバリスタ」と呼ばれています。ブラックエプロンバリスタは、コーヒーの専門知識をより深く持ったスタッフで、お客さんの好みの味から、コーヒーの提案やフードとの相性まで提案したりしてくれるそうです。
そんなブラックエプロンバリスタですが、年に一回ある社内試験に合格することがノルマとなります。
その試験の勉強ですが、私の知人を例に出すと、店舗にいるブラックエプロンバリスタの人からバイト終わりの30分間、無料で講義を受けているそうです。
スターバックスでアルバイトを始めたら、ブラックエプロンを目指すのも一つのモチベーションになりそうですね。

スターバックスはやはり人気のお店です。
私の自宅の近くにあるスターバックスでは、土日は列が絶えません。(昼の時間帯は特に)
知人も「休日、祝日の忙しさはヤバい」とよく言っています。

これも知人から聞いた話なのですが、ドリンクのレシピは写メで保存したりすることは禁止されていて、すべてメモしなければならないそうです。

これもよく知人が言っています。
スチームはミルクなどを上記で温める作業のことなのですが、これが難しいそうです。
逆に、フラペチーノがオーダーされたら「ラッキー」と思うそうです。

多忙で覚えることの多い仕事ですが、やりがいのあるアルバイトだと思います。
ブラックエプロンという目標に向かってバイトに努めてみてはいかがでしょうか。