post

皆さんにとってアルバイトをする目的とは何がありますか?生活費を稼ぐため。学費を稼ぐため。お小遣いを稼ぐため。貯金をして旅行に行くため・・・。などアルバイトを通じて得たお金の使い道は様々あるのではないでしょうか。しかし、アルバイトばかりして時間が無くなってしまい本来の目的である旅行をする時間を設けられない・・・なんてことになってしまっては元も子もありません。ここではそんな、時間が足りないという人やお金が足りないという学生の方におすすめしたいハンドキャリーというアルバイトをご紹介します。

ハンドキャリーとは

 ハンドキャリーとは文字通り、手荷物を運ぶという仕事です。その届け先は主に海外となっています。使われ方としては航空便等では間に合わないような場合に、緊急かつ確実にその手荷物を海外まで届けるために用いられています。当然、海外までの移動費や滞在にかかる費用は依頼主である企業等が負担してくれるため、海外好きにはとても魅力的なのではないでしょうか。報酬は一回につきアジア圏であれば20000円~、ヨーロッパであれば40000円以上の報酬も期待できるようです。

どんな人がハンドキャリーをできるのか

 世界中が仕事場になるわけですから当然外国語の能力は求められます。基本的には英語でビジネス会話をできたり、不測の事態にも冷静に対処することができる能力が必要でしょう。また、いろいろな国に赴くため、旅行経験が豊富なことも依頼主からすれば魅力的に映るかもしれません。

ハンドキャリーの魅力

 まず一つ目に、報酬が高いということがあげられます。連続して2日間程度拘束されてしまいますが、一回につき数万円の報酬がもらえることを魅力的に感じる方は多いと思います。また、拘束時間のうち大半は飛行機等での移動の時間となるので実働時間で考えれば相当割のいいアルバイトということができます。
 そして、なんといっても無料で海外に行くことができるということです。アルバイトとはいえ仕事ですので旅行のように気楽にとはいきませんが、荷物を依頼通りに届けるという任務さえ終えてしまえばあとは自由時間です。旅行とまではいかなくとも、海外の雰囲気を味わったり、食事を楽しみたいという人にはうれしいことだらけなのではないでしょうか。飛行機の移動であれば、もちろんマイルをためることも可能です。無料で海外に行き、アルバイトとしてお金をもらい、さらにマイルをためることができるというとても魅力的なお仕事なのです。