post

アルバイトをするうえで、出勤が面倒くさいなあ…と突然憂鬱な気分になり、さぼってしまいたくなったこと誰でも一度はあるのではないでしょうか。家から近いアルバイトであれば憂鬱さも軽いでしょうが、電車に乗ってはるばる出勤しなければいけないアルバイト先であればその憂鬱さも大きいはずです。寒い朝に早起きをして…と考えるだけでいやな気分になってしまいますよね。
とはいえ、いったん出勤してしまえばあとは時間が過ぎるだけ。つまり、仕事自体が嫌なのではなく、出勤こそがバイトさぼりへの一番の誘惑なのです。そんな悪魔の誘惑と闘わなくて済むアルバイトが住み込みのアルバイトです。ここではそんな寝泊まりする場所も提供してくれるアルバイトのことをご紹介いたします。

住み込みアルバイトとは

 アルバイト先に住まいが用意され、そこで生活をすることができるアルバイトのことです。工場や新聞配達、個人の飲食店など、また、夏休みや冬休み等の長期休暇に募集されるリゾートバイトもあります。家賃や光熱費はそれぞれ職場によって異なりますが、生活費をかなり少なく抑えることができるので効率よくお金をためやすいといえるでしょう。また、職場の近くに住まいが用意されることがほとんどなので出勤も楽です。仕事に行きたくないな~といやな気分に浸る間もなく仕事場に向かうことができます。

住み込みアルバイトのメリット・デメリット

~メリット~
 住み込みアルバイトの一番のメリットは何といっても生活費の節約ができるということでしょう。家賃が安く抑えられるほか、食事の補助等が出る仕事であればなおさらですね。また、通勤中についつい通りかかったお店で無駄遣いをしてしまうというような時間も無くなり、消費するお金も少なくなるでしょう。そして、住み込みの場合は職場の仲間と過ごす時間も当然長くなります。普通に仕事をしているだけよりもより親交を深めることができるのです。
~デメリット~
 住み込みで仕事をするということはやはり、仕事のことを忘れる時間が少なくなってしまうでしょう。通勤が楽とはいえ、仕事メインの生活になってしまい、ストレスをためることになってしまうかもしれません。生活費を削り、お金を貯めたいというような強い目標がない方にはお勧めできない働き方かもしれません。
 さらに、プライベートの時間に関していうと、相部屋という可能性もあるということを忘れないでください。職場の人と常に生活を共にしなければいけないのですから、人間関係について不安がある人は要注意です。