post

アルバイトを始めようと思ったとき、必ずと言っていいほど、「まずは履歴書を持ってきてください」と言われるはずです。しかし、履歴書には、いろいろなルールがあり、初めは、なかなか上手く書けないものです。そこで、今回は、正しい履歴書の書き方について考えていきたいと思います。履歴書で自分をアピールし、採用を勝ち取りましょう。

丁寧に書こう

履歴書の基本は、「丁寧に」です。履歴書というのは、人柄が現れます。たとえ字が上手くても、殴り書きで書いた履歴書では、良い印象を与えることはできません。反対に、字が下手でも、丁寧に、綺麗に書いた履歴書からは、書いた人の勤勉さや真面目さが感じられるものです。履歴書を書く際は、丁寧に書くことを意識しましょう。これに通じることですが、書き間違いなどは、二重線や修正ペンで修正するのではなく、また新しく書き直しましょう。面倒ですが、綺麗な履歴書を見てもらうに必要なことです。

学歴・職歴の書き方

学歴・職歴の欄は、どうやって書けば良いのか分からないという人が、特に多い部分だと思います。しかし、ルールを覚えてしまえば、簡単です。しっかり覚えておきましょう。まず、一行目の中央に、「学歴」と記入します。さて、いよいよ学歴を記入するのですが、基本的には、最終学歴の一つ前の学歴から記入すれば良いと言われています。例えば、大学を卒業しているなら、高等学校から書くようにしましょう。そして、職歴ですが、学歴と同様、一行目の中央に「職歴」と記入、次に会社名を正式名称で書きます。働いた経験がないという人は、「なし」と記入すれば大丈夫です。

自己PR・志望動機で意欲を見せよう

履歴書を書く上で、一番悩むのがここですよね。上手く自分をアピールできれば、採用がグッと近づきます。では、どのようなことを意識しながら書けば良いのでしょうか? それは、「ココで働きたい」という気持ちをアピールすることです。自分の長所や性格を、ただ羅列しても、魅力は感じません。また、他の企業に対しても当てはまるような理由は、志望動機としては不十分でしょう。そうではなく、その職場で何をしたいか、企業側にどんなメリットがあるか、どう成長していきたいかを具体的に記入することが、重要です。