post

いいバイトに限って、一日だけだったり、一ヶ月だけだったり、期間が定められていて、逆にもうやめたいと思ったバイトが、長期契約で3ヶ月はやめちゃだめとか、なかなか思うようにいかないパターンもあります。時給もいいし、意外に仕事量も安定していて、そこまで体も酷使しないし、精神的にも安定して働けそう。そういうバイトが短期契約の場合、もうその期間だけだからその期間だけやればいい、そうお考えの方はちょっと待ってください。バイト期間を長くする裏技があるんです。えっ、そんなことできるの、そうなんです、意外にもバイトの期間は長くすることができるんです。

短期バイトが募集される背景

短期アルバイトで募集しているのは例えば一日だけだとなかなかそこで、自己アピールをしたり、仲良くなったり、長期バイトになれるとはなかなか考えづらいものです。短期でも期間はいろいろ、一ヶ月とか一週間などだったら、そこで社員さんなど一緒に働いていたら人間性もわかってくるものです。そもそも、バイトの雇用側の考え方として、どのように短期と長期を割り振るのでしょうか。短期バイトが募集される背景には、まず、長期アルバイトと社員の数が足らないというのがまず挙げられます。その人数も少人数から大人数の場合があります。少人数でひとりとか二人の場合、これは社員さんや長期アルバイトが数ヶ月の間、休みをとったということがあげられます。産休だったり、出張であったり、なんらかの間、人手不足におちいる、ただし少ししたら戻ってくるという事情があります。大人数で募集される訳としては、期間限定である一定の期間だけが繁盛期で、他はそれほど忙しくない、だから長期で人を雇えないけど、短期でなら雇えるという事情があります。引っ越し屋なら入学シーズンの3月とか、お中元ショップなら8月というように、業種によって忙しい時期がちがい、それに伴い募集される期間もちがってくるというわけです。

短期アルバイトからレギュラーに昇格するための方法

これは、バイトから社員になるときの方法とよく似ています。バイトをするなかで、その仕事ぶりを社員の人が見ている訳ですから、仕事を真剣にやっている、ちゃんとこいつはやれるとおもわれたら長期アルバイトの話が来ます。また、仕事だけじゃなく、プライベートで仲良くて一緒に麻雀や合コンなどをしていたらそのような話が出てきます。結局ひととひとですからね。