post

ホールのウェイターは直接お客様と接する業務です。お店の顔をとなる立場ですので、失礼な態度は絶対にしてはいけません。

そのお店のメニューは完璧に覚えることが大事です。お客様によっては嫌いなものやアレルギーなどで食べられない場合があり、細かく原材料を聞いてくる人もいます。また、おすすめのメニューも聞かれることがあるため、辛いものが好きなお客様、甘いものがすきなお客様など、相手の好みに合わせたメニューを紹介しましょう。また、たまにキッチンから出された料理に間違ったトッピングが乗っていることもあります。その間違いに気づいて訂正することもあるので、盛り付け方も覚えておくといいでしょう。

料理はひとつずつ両手で運ぶわけにはいきません。例えばパスタならば、最低でも2皿は運びます。忙しくなってくると左手に2皿、右手に1皿のように、とにかく一度でたくさんのお皿を持ちます。そのため、腕力と握力が必須になってきます。握力が弱いと途中で力尽きて落としてしまうことも多いですね。またバランス感覚が悪いと、お盆の上に乗せたコップが溢れることも。バランス感覚とそこそこの筋肉がないと厳しい業務です。

よくある突発的な出来事といえば、料理をこぼすこと。さっと綺麗に片付ける瞬発力が求められます。また、注文したものと違う料理が運ばれてきたと仰ったり、注文は間違っていないが途中で取り替えてくれとお願いするお客様。悪気がなくお財布を忘れてしまったお客様。ご気分が悪くなり、突然嘔吐してしまうお客様や、トイレから出てこなくなるお客様。お店にはいろんなお客様が来店しますので、マニュアル通りにはいかないこともあるでしょう。それらのさまざまな出来事に対応できる柔軟な行動力が求められます。

最後に当り前のことですが、身だしなみはいつも綺麗にしておきましょう。爪は短く切り、髪の毛は束ねて料理に髪の毛が入らないようにします。制服も皺や汚れのないように毎回出勤するまえに綺麗にしておきます。店によっては髪の毛を染めること、ピアスなどのアクセサリーが禁止なこともあります。仕事中のお洒落は諦めるしかありません。